logo_andy-eco

Andy アンディ(片流れ)

  • fu8o6g00000014iu
  • fu8o6g00000014ix

太陽光発電パネルの搭載に適した
南向きの片流れ屋根

太陽に顔を向けるような南向き片流れ屋根は、燃費の良いコンパクト住宅を基本設計としながらも、大容量の太陽光パネルの設置に対応。屋根の勾配面積が広くなるほど室内にもスペースが生まれるため、小屋裏設計にも対応しやすくなります。

太陽光発電による創エネに加え、燃費を抑えて賢く省エネできるコンパクトな間取りを中心にご提案。人気の南面LDKプランに、対面キッチンとオープンなタタミコーナーを備え、家族のふれあいを重視。コンパクトでありながら、パントリーも備えた収納充実プラン。ご要望に応じて、追加の費用のご負担により、断熱性能を高めたゼロエネルギー仕様にも対応します。

暮らしの参考例

30坪前後を中心としたコンパクトな
3LDKを提案

fu8o6g00000014jv

家族が隣合う感覚で過ごせるLDKとタタミコーナー

いつも家族が隣り合う感覚を持てるのは、コンパクトな間取りならでは。生活機能を凝縮させたオープンな間取りは、家族の会話が自然と弾みます。家族との距離感が近いと、家族と一緒にいることの嬉しさを実感できます。

Andy(片流れ)

リビングとつながるタタミコーナー

仕切りが無くオープンにLDKと一続きになっているタタミコーナーは、よくある独立した和室ではなく、リビングと連続して使うことを前提としています。安心できる畳の上で、ママがいるキッチンのそばで子供を遊ばせる、昼寝をさせるなど、臨機応変に使えます。

Andy(片流れ)

自然の風や日差しを感じる
インナーバルコニー

屋根付きのインナーバルコニーだから、雨の日も洗濯物を干せて便利です。小さなテーブルとチェアを置けば、ゆとりのあるカフェコーナーに早変わりします。自然の風や日差しを感じることのできる気持ちのよい空間です。

Andy(片流れ)

Andy(片流れ)の弊社施工事例のご紹介