CATEGORIES

AUTHOR

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

3

7

2008

昨日の出来事

おはようございます(^^) 今日もお天気が良くなってきました! (うれし~~~☆) さて・さて昨日、ちょっと気になる会話を聞きましたのでご報告しましょう。 kazubonが美容院へ行ったときのお話です。 (身だしなみが大切ですからね(*^^*)) 長年お付き合いしていただいており、2代目店長さんが26歳。 ちょっぴり、太っちょの男性。 そのほかのスタッフもお若い男性と女性。 いつも、楽しい会話や気配りを絶やすことなく ご年配の方(おばあちゃま方) から 2歳くらいのお子様まで 本当に親しみやすいお店です。 昨日は  『スクールタイム』 だったので 学生さんが多く、私の左隣に 中学生の彼女が座りました。 右隣には 私と同じくらいの奥様が・・・・ その他、4~5人のお客様がカウンターに・・・ とっても声が大きく元気がいい彼女!(^^) 店長さんと話しをはじめたのです。 彼女が『やばくない?』 とか 『そりゃ、だめよ!』なんて 他にも面白い会話がつづいて、 (いや~~??   なんと説明していいのか?・・・・・)  まわりも クス・クス(^^)笑い始めました。 ある話から店長さんが『変な日本語やな~?』っと彼女に言いました。 彼女は『変?何が・・?普通よ~? 店長さん中学生のとき国語何点やった?』 店長さんは『おれ、国語苦手やったから 点数なんてわすれたわ(笑)』 そしたら彼女が『私も 苦手やから 点数悪いねん!いっしょやね~(笑)』 店長さんタジ・タジ!!   救いの手を待っていたようでしたが、周りは面白くて笑いが耐えないくらい 笑ってしまいました。 とっても楽しい雰囲気だったのですが、帰り道で フッと感じたことが・・・ おうちの中でも あんな会話なのかな?  お友達感覚なのかな? お父さん・お母さんとは話しているのかな?  っと気になりました。 元気のいい彼女が、無理をしているようにも映って見えたのです。 私が教育熱心というわけではないのですが、 お子さん方との会話を持ってあげて欲しいな~って思います。 新築プランのお話をしていると≪リビング階段≫のご希望が多いです。 お子さんの姿を確認できることが第一です。 また、ご家族のコミュニケーションがとれますね(^^) リビング階段だと熱効率が悪いんじゃないの?っと思われる方もありますが、 対処法はいくつもあります。 この会話で、私の営業に役立たせていただけるな! って考えさせられました。 ご計画の皆さん  このブログを見て お役に立ててくださいね(^0^)