Vol.69

「住まいとは何をするところ?」

2019.8.5

今回は、考えると結構奥深い話題になる「住まいとは何をするところ︖」について一緒に考えてみましょう。

 

これから家を建てようか、って考えてたとしても、あらためて
「家って何のため︖」
「⼈はなぜ家を建てるの︖」
って聞かれると困ってしまいませんか︖

 

動物たちも家というか、巣をつくります。
動物は「⼦育てのために巣をつくる」っていう
極めて明確な答えがあります。
たとえば、⿃が巣をつくるのはヒナが⽣まれるときです。
ある⽇突然、雌雄のつがいが泥や⽊の枝を集めて
巣づくりを始めます。
あらゆる⿃は⼦供ができた瞬間に巣をつくるそうです。
どうしてそれがわかるのか︕︖
それは、きっと神様の刷り込みなんでしょう。

 

 

51JBHX4GKUL._SX366_BO1,204,203,200_
⽣きものたちのつくる巣109(発⾏︓エクスナレッジ)
https://bookmeter.com/books/9882661

 

 

そうすると、私たちも基本的には「家族のために家を建てる」
という原点があるように思えます。
それでは、家は「家族の何のための」建物なのでしょうか︖

 

「寝る場所です」という⼈がいるかもしれません。
でも、寝るだけならばホテルでも旅館でも家以外にありますよね。
家じゃなきゃいけないっていうわけじゃありません。
同じように⾷事とか⼊浴、勉強、いろんな娯楽なんかも、
外でできるし、それだけを考えると、外のほうが質が⾼くて、
気持ち良くサービスが受けられるような気がします。

 

家で⾏われることの⼤部分は、家以外でも可能なんです。
(お⾦がたくさんかかるとかは別にして・・・)
でも、家でしかできない、または主として家でこそ
⾏われるべきことって、必ずあるはず︕

 

それは『家族のだんらん』なんじゃないでしょうか︖
よく「実家にいるようにくつろげる」っていう表現がありますが・・・
家以外の街中やレストランで、それをしてもらっては
困ってしまいますよネ。

 

じゃあ、⿃がヒナを育てる時に巣をつくるのと同様に、
⼈間の家は、
「家族がゴロゴロデレデレしてくつろぐために」
つくられるべきだ、といえるかもしれません。

 

 

toppic2_pc
エースホームのコンセプト
https://www.acehome.co.jp/features/kazoku

 

家づくりで、家族のゴロゴロデレデレの部分が抜け落ちてしまうと
なんか問題が出てくるかも︕︖しれません。
⼦どもは⼦ども部屋に、パパは書斎に、それぞれ
引きこもってしまって、家族のふれあいや会話が
なくなってしまった︕なんてことにならないように・・・

 

何のためのマイホームなのか︖っていうことを
もう⼀度考えてみませんか︖

 

それがわかると、家づくりで気をつけなければ
いけないことがありますので、お伝えしますネ。

 

それは、⼀般的には家よりも外のほうが質が⾼くて、
気持ち良くサービスが受けられることに関係してます。

 

無題エースホームの新しい家づくり
https://www.acehome.co.jp/features

 

 

家を建てる際にはしっかり勉強しなければなりません。
そのために『住まいる塾』も定期的に情報をお届けしています。
でも、「勉強熱⼼『過ぎ』」は、時に仇となりますので
お気をつけください。

 

たとえば、おいしい料理を⾷べたい時、こだわりの⾷材を
美味しく料理してる評判のお店とかを探して⾏きますよネ。
その時、
「お⾁はコレで、野菜はコレで、⽕加減は・・・」
と、あれこれ細かく注⽂しないはず。
なぜなら、シェフにお任せした⽅が、よりおいしい料理が
できるとわかっているからですよネ。

 

家づくりの情報が豊富なためか、勉強熱⼼な⼈の中には
「断熱はコレ、外観はコレ、内装は・・・」
と、細かく指⽰する⼈もいるとか。
せっかく注⽂住宅を建てるのだから、⾃分のこだわりを
しっかり実現させようという気持ちはとっても素敵です。
でも、そのやり⽅でまっしぐらに家づくりをすると
失敗しちゃう恐れもあるかもしれないってこと。

https://www4.nhk.or.jp/professional/

 

 

なぜなら、頼もうとしているところが、求める品質や⽅向性が
はっきりしている場合、それを理解しないで、⾃分の主張を通すと、
うまくいかなくなる場合があります。
その会社は、⾃分たちの家づくりに共感してくれるお客さまと、
同じ⽬標に向かって家づくりしたいと考えています。

 

失礼を承知のうえで申し上げさせていただくと・・・
よくあることのようなんですが・・・
⾃分が勉強した知識だけで細かく指⽰をする⼈は、
トラブルが起きた時に、
「プロなんだから、私の⾔うことをハイハイと聞くだけじゃなくって、
必要なことを、その都度アドバイスすべきだったんじゃない︕︖」
って、⾃分の指⽰だったんだけど、思ったのとちょっと違った結果に
なっってしまった︕いう話も⽿にします。
そうなっちゃったら、幸せに暮らせる家づくりはむずかしいかも・・・

 

っていうことで、最初に連続してお届けした
『住まいる塾』家を建てる⽬的は何ですか︖
でもお伝えしたように家を建てる⽬的は、
「毎⽇の⽣活を楽しむこと」のためだったはず。

 

それをかなえるためには、依頼先との『共感』がカギになります。

 

欲しいのは、健康に暮らせて、快適に過ごせて、
家族をより幸せにしてくれる家のはずです。
だからこそ、ご家族がどう過ごしたいのか︖
を依頼先に理解してもらうことが⼤切です。
その考えに共感した依頼先なら、プロの知識と技術を活かして、
より良い家づくりを追求してくれることでしょう。

 

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々なスタイルを通じて空間作りの楽しさが⾒えてきたら、
あなたの家づくりはもう始まっているのかもしれない。
部屋のコーディネイト最新スタイルを紹介する
「STYLE SELECTION」
https://www.acehome.co.jp/special4/2017autumn.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

住まいづくりでは、ご家族がどう過ごしたいのか︖
を依頼先に理解してもらうことが⼤切です。
って、上の本⽂でお伝えましたが・・・

 

家づくりへの夢や希望はあるけど、それをうまくカタチにできなくて・・・
どうしたらいい︖っていうときとかに、⾃分が好きなデザインを伝えるにも、
デザインを知るのにもいいツールがインスタですが・・・

 

候補先が想いを理解してくれそうかどうかの
判断にもなるかもしれないのが、その会社がやってるインスタかも。
いつものように#とかの検索で素敵な写真を探すんじゃなくって、
候補先のアカウントをチェックしてみてください。
その会社が⼿がけたお家の外観や内観の実例をみてみれば、
⾃分たちの想いを実現してくれそうな会社なのかどうか、
おおよその判断はつきそうですネ。
もちろん、エースホームのアカウントもちゃんとあります︕

 

 

無題2
https://www.instagram.com/acehome_hq/

けっこうシャレオツでしょ♡

ぜひフォローしてくださいネ。

 

⾃分の好きなデザインを知るため、そしてそれを伝えるため、
インスタグラムを活⽤すれば、もっともっといい家、
「家族がゴロゴロデレデレできる家」が建てられると思いますよ。

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エースホームのインスタのフォロワーが
10,000 ⼈を超えました。
エースホーム【公式】インスタグラムはコチラから︕
https://www.instagram.com/acehome_hq/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━