Vol.61

「住宅ローンの⾦利は意識してますか?」

2019.3.9

家を建てることをこれから計画していて、

住宅ローンを借りる予定がある方、

住宅ローンの金利を意識してますか?

 

・住宅ローンの金利は今どういう状況なのか︖
・金利が違うと自分にとって何が変わってくるのか︖
・今年はこれから金利ってどうなっていくのかな︖
などなど。

 

なんだか難しい話になりそうなので・・・
わかりやすくお伝えしますので、金利のことなんてあんまり
気にしてなかったという方は、ぜひお読みください︕

 

そもそも今の金利はどういう状況なのか︖
ここ数年、住宅ローンの金利はこう呼ばれています。
『超低金利時代︕』
「今って超〜金利が低いですよ〜」ってことです。

 

いつに比較して低いのかというと・・・
バブルのころは最大で8.5%あった時代もあった
というのがよく⾔われますが、実際に⾦利はどのように
推移してきたのでしょうか︖

 

以下の表は、住宅金融⽀援機構のホームページに載っていた⺠間⾦融機関の
住宅ローン変動⾦利の推移です。

 

 

1

https://www.flat35.com/loan/atoz/06.html

 

主要都市銀⾏のHP等から集計した⾦利(中央値)なので
意外に⾼い⾦利ですネ。

 

住宅⾦融⽀援機構が2⽉1⽇発表した「フラット35」の
2⽉分の⾦利は、融資率9割以下・借⼊期間21年以上の場合で、
最低⾦利の年1.31%は3カ⽉連続の下降しました。

https://www.s-housing.jp/archives/155931

 

 

フラット35の最頻⾦利の推移に関しては
倉敷のセンチュリー21新都市不動産さんが
まとめてくれていました。

 

2019_3

https://www.shintoshi4104.co.jp/0/0/0/kinri

 

フラット35の最頻⾦利・最低⾦利(融資率9割以下・
借⼊期間21年以上の最低⾦利)を振り返って⾒ると、
過去10年間はほぼ⼀貫して下落してきています。

 

平成23年(2001年)当時は3%弱だった⾦利が、
2019年2⽉には1.31%まで下落しています。
去年の上昇した時期を乗り越え、また低く保っています。

 

だから、今なお、超低⾦利時代(過去最低⽔準にある)と
⾔われてるんですね〜。

 

 

■⾦利が変わると、返済がいくら違ってくるの︖■

 

これって、⾦利の話題になると必ず出てくるお話ですネ。
そして、⾦利が違うといくら返済額が変わってくるのか︖
ってことですが、かんたんにシミュレーションすると・・・

 

2000万円を35年固定⾦利で借りた場合、

 

2

 

⾦利1.31%だったら、ボーナス払いなしで
毎⽉の返済額は、59,392円で、
総返済額は、24,944,674円。

 

もし1%上がって、⾦利2.31%になったら、
毎⽉の返済額は、69,478円で、
総返済額は、29,180,801円になります。

 

1%違うだけで毎⽉の返済額が1万円も上がって、
総返済額も423万円以上違ってくるんです。

 

「⾦利が上がる前に急いで建てましょう︕」
この⾔葉に惑わされてはいけませんよ︕

 

確かに⾦利が1%上がると、借りる⾦額にもよりますが、
数百万円単位で返済額が上がります。
でも、上で⾒ていただいたように、ここのところずっと
⾦利は下がってきてるし・・・

⻑期⾦利が急激に上昇して、住宅ローンの⾦利も
短期間に1%も上がるなんてことは
よっぽどのことがないと考えられませんね︕︖

 

なので、「⾦利が上がる前に・・・」というのは
いまのところ最優先には考えなくても良いと思います。

 

 

■今年のこれからの⾦利はどうなる︖■

 

とはいえ、過去のフラット35の⾦利において
2005年(平成17年)5⽉から2006年
(平成18年)8⽉にかけて、最低⾦利が2.15%から
2.93%まで、0.78%上がったこともありました。

 

 

3

https://www.flat35.com/files/300333047.pdf

 

そのとき、⺠間の住宅ローン⾦利はもっと上がって、
申込み時には1%台の前半だったのが融資実⾏時には
3%近くに⾦利が上がったローンもあったそうです。

 

昨年末に⽇銀で開かれた⾦融政策決定会合でも
原則的な⾦融政策は据え置かれたため、
現在は⾦利を引き上げる環境にはないという推測もあり、
政策⾦利の動向が・・・なんてむずかしい話はなしでしたネ︕︖

 

ただ、景気がよくなれば⾦利が上がる傾向になります。
そして現在⾦利が超低いということは、「今年(今後)は
⾦利が上がる︖」って思われたりもするかもしれませんネ。

 

今年は⾦利が上がるか︖それともこれからも下がるか︖
それとも据え置きなのか︖と聞かれたら、
もちろんそれを予測する⼈はたくさんいますし・・・
専⾨家それぞれにご意⾒はあるでしょうが、実際には
将来の⾦利の推移なんて誰にもわかりません︕(きっぱり︕)

 

 

■まとめ■

 

今は、『超低⾦利時代』で、
⾦利が違うと総返済額もぜんぜん違ってくるし、
今年⾦利がどうなるか︖なんてわからないんだから、
「⾦利が低い今がチャンス︕今すぐ家を建てましょう︕」
って、住まいる塾では⾔いません︕笑

 

なぜかというと、家を建てるタイミングというのは
ご家族それぞれだからです。
家族が幸せに暮らすために家を建てるんですよネ。

 

得をする/損をしないっていうことは⼤事ですが・・・
それだけに振り回されてもいけませんね︕
でも、もし建てどきがまさしく今なら
「⾦利が低くて、増税前の今がチャンス︕」

 

今だから活⽤できるお得に建てることができる
制度なんかを無料で相談できる『住まいる塾』
をお役⽴てくださいネ︕

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エースホーム【公式】インスタグラムはコチラから!
https://www.instagram.com/acehome_hq

 

ギャラリー(施⼯実例紹介)も始めました。
エースホームのギャラリー(施⼯実例紹介)はコチラから!
https://www.acehome.co.jp/gallery/search
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

エースホームの本部がある⾼⽥⾺場は
先週末まで、早稲⽥⼤学の⼀般⼊試があったので、
出勤時間帯に隣駅の受験会場に向かう受験⽣たちで
あふれてました。

 

⼦育て中のママさんたちの中でよく出る話題のひとつに、
「頭の良い⼦に育つ家︕」ってものがあります。
「健やかに、できれば賢く育って欲しい」というのは、
親の願いのひとつでしょう。

 

では「頭のいい⼦どもが育つ家」っていったいどんな
家なんでしょうか︖

 

実にいろんな⼈の諸説があって、正解はないけど・・・
今の時代ではいくつか共通した項⽬がありそうです。

 

まず「⾃分の部屋で勉強しろ︕」は、今はないかも︕︖
テレビ東京『ザ・逆流リサーチャーズ』という番組の
調査結果では、早稲⽥⼤学ではなかったのですが、
東⼤⽣の約半分は、リビングで勉強していた︕

 

5

 

https://www.might-project.com/about/topics/tv-gyakuryu/

 

リビングで勉強していると、わからないことがあっても、
親に教えてもらえるし、その受け答えによって、
考える⼒が⾝について、コミュニケーション能⼒が発達する
というものです。

 

そして、リビングだけに限らず、キッチンなど
⼤⼈からすれば、たいしたことのないものでも
⼦供にとって、とても興味深いものがあったりします。

 

例えば、それがカレンダーだったりします。
カレンダーに描かれている絵が、もしかすると
どこかの国の伝統的な家のイラストかもしれません。

 

4

 

「その絵の中の家や国のことをもっと知りたい」
と思った⼦供は、お⽗さん、お⺟さんと会話が⽣まれ、
コミュニケーションの⼒がついて、さらに進んで
⾃分でいろんなことを調べ始めるかもしれません。

 

リビング学習で頭が良くなる=⼤切なのは
「⾃然に気配を感じる距離感」かも。
離れているようで⼀緒にいる、そんな安⼼感が
「頭の良い⼦」を育ててくれるのかもしれませんネ。

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「頭の良い⼦が育つ家」ではないけど、元気な⼦どもが育つ、
家族が健康に暮らせる家づくりのヒミツがわかる
『なぜその家では元気な⼦どもが育つのか︖5つの理由』
の⼩冊⼦を全国の加盟店で差し上げてます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━