Vol.62

「快適デザインをつくる7つのコツ」

2019.4.9

春といえば、新生活や、何かと環境の変化が多く、
なんだか気分転換に部屋の模様替えをしたくなってくる季節。
自分の好きなインテリアに囲まれてくつろぐ時間は、
とても幸せな気持ちにさせてくれますよネ。

 

昨年、住まい・暮らしに特化した、国内最大級のコミュニティメディア
「LIMIA(リミア)」が、2018-2019 インテリアトレンドを発表。
空間デザインを手掛ける夏水組とのスペシャルコラボによる
心地いいリビングづくりの参考になる5つのテイストが紹介されてます。

 

https://limia.jp/idea/229081/

 

 

夏水組のこだわりが感じられるテイストや世界観のコーディネートは、
上記のリンクをご覧いただきたいのですが・・・
自宅の場合でも、壁紙やソファセットなど、リビングの主役になる
こだわりアイテムを取り入れるだけで、気分も高まりそうです。

また、色やテイストに統一感のあるインテリアは、
それだけで落ち着きのある洗練さが加わり、居心地もアップしそうですネ。

 

そうなんです、インテリアは統一感がとても大切!
インテリアを洗練された雰囲気にするポイントは、“揃えること”です。
■ 『色』を揃える
■ 『デザイン』を揃える
■ 『素材』を揃える
など、統一することで、まとまりのあるインテリアになります。

 

ということで、今回は「快適デザインをつくる7つのコツ」です。
快適な暮らしを実現するためには、まず好みのデザインを
決めていくことが大切。
とわいえ、何を手がかりにしたらいいのか迷ったり、
自分たちで決められるか不安だと思いますので、
インテリアだけに限らない、「住まいる塾」が考える家づくりにおいて「快適デザインをつくる7つのコツ」のお話です。

 

 

【1】インスタやピンタレストから好きなテイストをみつける

 

どんなデザイン(の家)があるのか、知ることから始めてみましょう。
たとえば外観は、外壁のいろや素材、窓のカタチなどとの組み合わせ
によっても印象が変わってきます。
個々のパーツだけではデザインテイストは決めにくいということです。
インスタやピンタレストなら、写真が豊富で具体的な全体像を
つかみやすいと思います。
数多くの画像をみて、好きなタイプやテイストを絞ってから
デザインの細部を詰めるのが早いかも。

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エースホーム【公式】インスタグラムはコチラから!
https://www.instagram.com/acehome_hq
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

【2】伝えるためには、好きな雑貨や家具の写真をみせよう

 

「ホテルのようなインテリア」と言ってもシティーホテルのような
シンプルで機能的なデザインもあれば、ラグジュアリーホテルの
ような重厚感もあったり、人によってイメージが異なります。
テレビや映画に出てきたインテリアだとか、モデルハウスで
気に入ったコーディネートとか、具体的にあげると伝わりやすいです。

 

好きなブランドやデザイナーを伝えることも有効です。
同じ色・幅の床材でも、20畳超のLDKと2畳の書斎で
使うのとでは、自分が思ってたのと印象が違ってきたりするので、
イメージを伝え、サイズ感にあったアドバイスを受けると良いですよ。

 

 

【3】子育て時期から将来にかけて安心なユニバーサルデザイン

 

年齢を重ねても暮らしやすいデザインがユニバーサルデザインという考え方。
とくに重要なのが、2つの差(温度差と段差)を除くこと。
居室ごとに温度差がない断熱性の高い家にして、年中快適に。
段差や移動に負担が少ないデザインにする配慮に加えて、
今は不要と思ってる手すりも、将来に備えて下地を準備しておけば安心です。

 

 

【4】横だけじゃなく縦の広がりデザインで住空間を考える

 

リビング階段やスペースを分けず仕切りのないLDKにすれば
空間を広く感じさせることができます。
明るい色やシンプルな柄の壁や床で、ゆったり感じさせることも可能です。
さらにスキップフロアや大空間の吹き抜けなど、縦に広がる空間にする
とかの工夫で、より広く感じさせることができます。

 

 

2d53ac8a74dc064ab69f1fbcb3bf0824

参考:吹き抜けってやっぱりいい!開放感も収納力も叶えるコンパクトハウスの魅力
https://limia.jp/idea/276145/

 

 

【5】プロが考えたプランから暮らしに合わせるものを選ぶ

 

暮らしをデザインするってことは、家でどんな時間を過ごしたいのか?
っていうイメージを明確にすることでもあります。
でも、好きなデザインテイストと個々の暮らしのイメージ
だけじゃあ、住宅のデザインはできないはず。
それは、敷地や周囲の環境が考慮されないといけないから。
それぞれの立地に合わせて自分たちらしいデザインを可能に
するのが注文住宅。

 

って言っても完全自由設計ではなく、家づくりの場合に必要なのが
『プロが考え抜いたプラン』と『家族に合った暮らしを実現するアイデア』。
敷地に合う企画プランをベースに、家族がしたい暮らしを考えながら
少々のアレンジを加えるだけで、自分たちで一から考えるよりも
バランスが良くて、将来的にも不満が出にくい暮らしが可能です。

 

 

【6】インテリアも最後はプロのアドバイスが有効

 

インテリアを自分でセンスよくコーディネートしたいけど、
自分の思った通りにするのって思ったよりむずかしかったりします。
あらゆる情報が手軽に手に入る時代、情報量ではプロよりもたくさん
集めてこれるかもしれませんネ。

 

ただし、自分の好きなものを見つけることはできても、
情報を集めただけじゃキレイにまとまらない!
それらを組み合わせたときに美しくまとめられるかどうか、
そこはきっと不安があると思います。
どんなインテリアが自分や家族にとって「心地いい」のか?を考え、
家族やママ友なんかと話し合うことで情報が整理されます。
そうして理想のライフスタイルを明確にすることで、
満足のいく住まいの実現につながります。

 

 

【7】今の暮らしだけじゃなく将来の生活設計まで視野に

 

現実的には、まだまだ先の話かも・・・ですが、
いつかはやってくる老後に備えて「どんな暮らし方をするのか?」
を視野に入れた住まいづくりや住み替えを考えることはとても大切です。

 

また、こどもはわずか数年の間にみるみる成長していきます。
なので、子育てファミリーにとって理想的な住まいを考えるとき、
「こどもの成長にあわせて対応できること」も大切な条件のひとつ。
こちらは、近いうちに「成長に合わせて変化」できる家づくりの
テーマでお伝えしたいと思います。

 

ということで、快適デザインをつくるためには・・・
既成のアイテムに自分でちょっぴり手を加えてカスタマイズする、
最近そんなサービスを体験したり、最近よく見かけますよね。
例えばスマホをデコレーションしたり、自転車のカラーリングを変更したり…。
そんな風にちょっとアレンジするだけで
自分らしさを手軽に表現できる感覚って楽しいですよね。
家づくりもそんな“ちょこっとアレンジ”と実は相性バッチリなんです。
そうした点を考えると、プロが練り上げた企画プランって
きっと捨てがたい選択になるはず!

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LIMIA に家づくりに役立つアイデア投稿中!
エースホーム【公式】LIMIA はコチラから
https://limia.jp/user/acehome/

HUCK【公式】LIMIA はコチラから
https://limia.jp/user/kimama89/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

不動産情報サービスのアットホームが、
「消費税増税前の住宅購入意向」調査を実施し、その結果を発表しました。
https://athome-inc.jp/wp-content/uploads/2019/03/2019030102.pdf

 

「10月の消費税増税の前に住宅を購入したいか」を尋ねたところ、
51.9%の人が「8%のうちに購入したい」と回答していました。

 

無題

 

お伝えしたかったのはこのことではなくて、調査結果で、
消費増税の負担軽減制度として昨年暮れに税制大綱に盛り込まれた
「住宅ローン減税の期間延長」を知っている人が46.4%、
ということは、知らない人が53.6%もいるということ。
「住まい給付金」制度についても、
制度自体を知っている人は35.8%しかいなくて、
知らない人が64.2%と過半数だったのにびっくりしたからです。

 

住まいづくりには、欠かせないお金の話。
「住まいる塾」では、お金に精通した住宅のプロが、
知っておきたいお金の話を中心に役に立つ情報をお伝えします。
住宅取得を支援するために、今だけしか使えない特例制度や、
控除を受けられる制度なんかを知らないと損しちゃうかも!?
無料の「住まいる塾」でしっかりと勉強して
損をしないためのポイントを押さえましょう!

 

━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「住まいる塾」では、住宅取得支援策の最新情報から
安心して建てられる資金計画をきちんとアドバイスします。
https://www.acehome.co.jp/special3/smilevoice.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━