Vol.76

家で快適なテレワーク!在宅勤務を考えた家づくりとは?

2020.6.11

共働きが増え、在宅ワークをする会社も増えてきた昨今。家の中にテレワークスペースを確保するようになったという方も多くなってきたのではないでしょうか? しかし家の作りによってはなかなか集中できなかったりと、悩みも多いはず。そんな現代の家庭にフィットする工夫が詰まった家があるんです。お子さんのいる家庭にもオススメですよ!

 

 

在宅テレワークのための家づくり

 

働き方改革により、在宅テレワークやフレックスタイムなど、働き方が多様化して柔軟な選択ができるようになってきておりましたが、さらに新型コロナウイルスの影響によってテレワーク・在宅勤務が一気に広がりだしましたね。

そこで気になるのが、家の中でのテレワークスペース。環境が整っていないと、会社と比べて思うように仕事が進まないと感じる人も多いと思います。

今回ご紹介するのは、そんな現代の働き方に寄り添い、暮らしやすい工夫が詰まった『エースホーム』の『Canto(カント)』。大人のテレワークはもちろん、勉強や習い事で忙しい毎日を送る子どもにとっても過ごしやすく、家族それぞれが集中できる空間を実現してくれるんです。

 

 

テレワークがはかどる♪ 『Canto』のおうち

テレワークでとくに課題になるのがオン・オフの切り替え。ここではCantoの中から、テレワークがはかどるような場所を3箇所紹介していきます。

 

1F Studio

 

リビングダイニングの脇に独立して作られたstudioは、リビングにいる子どもの気配を感じながらも集中できる環境のテレワークスペース。仕事や勉強をするための空間とわり切ることで、家の中でも自然と集中することができます。

もちろん子どもの勉強部屋としても◎。お互いの存在を感じられて、安心感のある中作業ができます。ダイニングで勉強すると消しカスなど衛生面が気になりますが、こうして分けておけばご飯のたびに片付ける必要もありません。

 

2F PrivateRoom / 2F Inner Balcony

 

プライベートルーム内に作業スペースを設けておくと、「今日は1人で集中したい」というときに便利。1FのStudioに加え、完全に集中するための環境も整い、気分に合わせて作業場所を使い分けることが可能です。

また、急な天候の変化があっても安心の屋根付きバルコニーでは、眩しい日差しを遮りつつ、外のあたたかい空気の中で仕事ができます。仕事に行き詰まったときやアイデアが出てこないときなど、気持ちを切り替えたいときにオススメのスペースです。

 

>Cantoの詳細はコチラ

 

 

『Canto』の住みやすさのヒミツ

Cantoならではの工夫は、テレワークがしやすい点だけではありません。共働きなどで忙しい家庭にオススメな、うれしいポイントがたくさんあるんです♪

 

パントリー

 

共働きの忙しい家庭では、少ない回数の買い物で済むように食材を買いだめしている人も多いのではないでしょうか。そんなときに、あると便利なのが食料庫。Cantoのパントリーは食品だけでなく、家事道具も収納できる広い設計なので、普段目に見える場所に生活感のあるものを置かずに済むのもポイントです。

 

ワイド洗面

 

従来の洗面空間よりも広く設計されたワイドな洗面室。アイロンがけや下着などの収納もできる空間になっているので、スムーズに家事を進められます。
 

ドライスペース

 

インナーバルコニーの手前には部屋干しのできるドライスペースも用意。花粉の時期や積雪地帯など、外に洗濯物を干したくないときに活躍してくれます。

乾いた衣服は、すぐ側にあるクローゼットにハンガーのまま収納。あっという間に家事終了です。

 

 

家づくりから解決しちゃおう!

家にいながらもオン・オフを切り替えることができ、忙しい日々を便利にしてくれるCanto。忙しい中でも家族の時間が増えるような暮らしやすい家だから、夫婦の仲も親子の絆も今よりもっと深めることができそうですね。

帰ってくるたびにホッとする、ナチュラルで居心地のよい、小さな工夫が詰まったこだわり空間。気になった方はぜひチェックしてみてください。